市販のヘアカラーの注意点とケア方法

メンズファッションアップ > 美容 > 市販のヘアカラーの注意点とケア方法

市販のヘアカラーの注意点とケア方法

美容院でのヘアカラーよりも安く済むし自宅で出来る手軽さが魅力の市販ヘアカラーですが、最近は泡タイプやなるべく髪に負担をかけないようにトリートメントがついていたりするのもありますし、カラーの種類も以前より増えてきました。

 

自宅でヘアカラーをする場合の注意点としては、必ずパッチテストを行うことと汚れても大丈夫な場所と服装で行うようにしましょう。そして、ヘアカラーのにおいで気分が悪くなってしまう場合もあるので、換気扇を回すなどをした方が良いでしょう。市販のヘアカラー剤には必ず手袋が入っていますが、手袋を着用しないと手のたんぱく質に反応して、爪の色まで染まってしまうので注意しましょう。髪を染める時は染まりにくい生え際から、色が入りやすい毛先を後回しにして塗っていきます。

 

ヘアカラーを長持ちさせるコツはぬるま湯で洗髪することと酸性か弱酸性のシャンプーリンスを使用することです。ドライヤーは髪から10cm以上離して髪の根本から素早く乾かす、ヘアカラー後は水分が不足している状態なのでトリートメントをしっかり行うことにも気を付けていきましょう。

 

市販のヘアカラーは髪を痛めやすいと言われていますが、ヘアカラー後のヘアケアをきちんと行えば問題ありません。基本はやっぱりトリートメントですが、トリートメントをつけたらヘアキャップやラップを使って髪パックをすることをおすすめします。出来れば、洗い流すタイプより洗い流さないトリートメントが効果的です。特にドライヤーを使用する前にヘアケアをして髪を保護してから乾かす方が良いでしょう。

市販のまつ毛の美容液とは⇒http://akachin.com/document/document3.html

 

 

 



関連記事

  1. 市販のヘアカラーの注意点とケア方法
  2. 月額制の脱毛サロンも増えている!